• ホーム
  • ジスロマック服用するだけでクラミジアは治る

ジスロマック服用するだけでクラミジアは治る

薬を飲む男性

性病のなかには、治療薬を服用するだけでは完治することができない病気もありますが、クラミジアはジスロマックと呼ばれる抗生物質によって完治することができます。クラミジアは性病のなかでも日本国内での患者数が最も多い病気であり、40万人以上の患者がいると言われているため、性行為を行う人であれば誰でも感染してしまう可能性があるのです。発症してしまうことがないように予防に努めることも大切ですが、もしも発症してしまったときにはどのような方法で治療を進めることができるのかということを知っておくことも大切だと言えます。

ジスロマックはアジスロマイシンという有効成分を配合している抗生物質であり、このアジスロマイシンはクラミジアの病原菌のタンパク質生合成を阻害する働きを行っているのです。病原菌が増殖するためにはリボソームと呼ばれる場所でタンパク質の生合成を行わなければならないのですが、アジスロマイシンによってリボソームでの生合成が阻害されると、病原菌は増殖することができませんし、それだけではなく死滅することになります。殺菌的な効果を示し、病原菌を根本から退治することができるので、クラミジアはジスロマックによって完治することができるのです。

クラミジアは性器に症状があらわれる場合と、喉に感染が起こる場合がありますが、どちらもジスロマックを服用することで症状が改善されます。この治療薬は1回服用すると1週間ほど効果が持続するというユニークな特徴があり、人によっては1回服用すれば1週間後には完治していることもあるのです。ただし、これには個人差がありますので1週間経過したから治っただろうとは思わずに、検査を受けて陰性反応を示すかどうかチェックするようにしてください。もしも陽性反応を示すようであれば、完全に病原菌を退治することができていませんので、もう1回治療薬を飲まなければなりません。

ジスロマックはとても効果的な治療薬ですが、副作用があることを忘れないようにしてください。これまでに医薬品の服用で副作用を起こしたことがなければ、副作用についてまったく気にしていないかもしれません。ですが、どの医薬品であっても必ずと言って良いほど副作用が起こる可能性がありますので、服用することでどのような症状を引き起こす可能性があるのか知っておきましょう。ジスロマックで重篤な副作用を引き起こす人は少ないですが、これも個人差があって副作用が起こらないとは言い切れないので、もしも異変に気がついたときには治療薬の服用を中断して、場合によっては医師の診察を受けるようにしてください。

クラミジアは性器や咽頭に症状がおこるので、感染した疑いがある場合は病院で検査を受けた後、治療を開始するようにしましょう。早期発見から迅速な処置を行うことで、症状を長引かせずに済むはずです。ジスロマックを用いれば完治することも可能ですから、クラミジアに感染したときには効果的な治療薬を服用して症状を改善すると良いです。