• ホーム
  • カンジダの治療薬ならエンペシド膣錠

カンジダの治療薬ならエンペシド膣錠

悩んでいる女性

女性が発症しやすい性病のひとつにカンジダ症がありますが、これは性行為が原因となって起こる場合もありますが、それよりも体内にもともと存在する常在菌の異常増殖によって発症することが多いと言えます。性行為がなくても自己感染してしまうので、これまでに性行為の経験がないような子供であっても発症することがあるのです。特に体調不良のときなど身体の抵抗力が弱いときには発症しやすいので、発症する原因とその治療法について知っておくことが大切だと言えます。

カンジダ菌は腸管内や女性の膣内にもともと存在しているものなので、誰でも症状を引き起こしてしまう可能性があると言えるのです。膣内の常在菌は通常時であれば身体に悪い影響を与えることがないのですが、ストレスや疲労による免疫力の低下、体調不良や他の病気での抵抗力の低下が起こっていると、常在菌の活動が活性化されてしまい異常増殖が起こります。異常増殖した菌は身体を攻撃して、陰部にかゆみなどの症状があらわれるようになってしまうのです。免疫力や抵抗力が下がってしまわないように心がけておくことが大切ですが、発症してしまったのであれば適切な医薬品を用いて治療しなければなりません。

カンジダはクロトリマゾールを有効成分としている医薬品で症状を改善することができ、このクロトリマゾールはカーネステンやエンペシドと呼ばれる製品に含まれています。カーネステンやエンペシドにはクリームタイプのものがあり、症状があらわれている部位に塗布することで症状を緩和することが可能です。けれども、カンジダは膣内で菌が繁殖しているので、性器周辺にクリームを塗るだけでは治療が長引いてしまったり、症状の原因である病原菌を完全に退治することができなかったりすることがあります。エンペシドには膣錠タイプのものがあるので、膣内の菌への直接的な作用を期待するのであれば、膣錠を利用するようにしましょう。

エンペシド膣錠を利用すれば、カンジダの原因となる菌が繁殖している膣内に直接的な作用を期待することができます。クリームではなかなか症状が改善されなかったという場合でも、膣錠を用いることによって早期改善を実現することができる場合があるのです。これまで膣錠を使用したことがない人や性経験がない人は使用することに抵抗があるかもしれませんが、ひどい症状に悩んでいるのであれば膣錠タイプの使用を検討することも必要だと言えます。

エンペシドやカーネステンは効果の高い治療薬ですが、その一方で副作用が起こる可能性もあるので注意しておきましょう。どの治療薬にも言えることではありますが、医薬品には副作用がつきものです。副作用が出ているにも関わらず治療効果を期待して使用し続ければ重い症状を引き起こす可能性もあるので、副作用が起こったときには治療薬の使用を中断したり医師の診察を受けたりすることを忘れないでください。適切に利用することができれば、エンペシドやカーネステンでカンジダを治すことができます。